男性育毛剤ランキング2014年決定版

喫煙と薄毛

薄毛の原因とは

 

多くの人が悩まされる薄毛ですが、その原因はいったい何なのでしょうか。

 

まず多く言われているのが遺伝です。

確かに科学的にも脱毛症は遺伝子が大きく関係していることが証明されています。
しかし脱毛の遺伝子を持っているにもかかわらず、発症していない人も少なくありません。

 

では発症する人としない人の違いはいったい何なのでしょうか。
それは生活習慣です。
食生活・喫煙・飲酒・運動量などの生活習慣で、薄毛の発症率が大きく左右されているのです。

喫煙の影響力

薄毛の発症にかかわる生活習慣の中で、最も影響力が大きいのが喫煙です。

タバコを吸うことで頭皮と毛髪に多大なダメージを与えてしまいます。
それでは喫煙による具体的な影響についてみてみましょう。

 

まずタバコを吸うことはニコチンを体内に取り入れることになります。
体内に入ったニコチンは血管を収縮させる性質を持っているので、頭皮はもちろんのこと全身の血管が収縮されて血行が悪くなってしまうのです。
さらに悪いことに頭皮の血管は毛細血管でもともと細いため、ニコチンで血行が悪くなると大きな影響を受けてしまい、頭皮や毛髪に十分な栄養が届かなくなってしまうといわけです。

 

そして次に、タバコは体内の悪玉コレステロールを増やしてしまう性質があります。
悪玉コレステロールが増えると、体は悪玉コレステロールを減らすために抵抗し、タウリンを生成します。
このタウリンを生成するのに使用される栄養素がメチオニンというアミノ酸で、髪の毛の生成に欠かせない栄養素なのです。
つまりタバコを吸うことで、髪の生成に必要な栄養素が無駄に使われ、髪の毛にまで行き渡らなくなるということです。

 

そして最後に喫煙のもっとも大きなリスクとなるのが活性酸素の増加です。
活性酸素が増えると、頭皮の皮脂が変化して毛髪の生成がうまく行われません。
また頭皮の老化を早め、毛周期にも影響を与えてしまうのです。

薄毛を改善したいのなら

喫煙は健康に大きな影響を与えるだけでなく、毛髪にも大きな影響を与えます。

そこで薄毛を本気で改善したいと思うのなら、喫煙をやめることがお勧めです。
実際に喫煙をやめたことで脱毛が収まったという例も少なくありません。
ストレスが髪に影響があり、喫煙がストレス解消となるという意見もありますが、ストレス解消以上に逆に大きなリスクとなってしまいます。
ストレスの解消はタバコ以外でも可能です。
現在では病院で禁煙をサポートしてくれるシステムも進んできています。
そういった便利なシステムを利用して、健康的な禁煙と薄毛の改善に努めていきましょう。

⇒ランキングへ戻る


1位
リゾゲイン
2位
M1ミスト
3位
BUBKA
4位
CHAP UP
5位
薬用ポリピュアEX