そもそもAGAって何?

そもそもAGAって何?

AGAとは

AGAとは、AndrogeneticAlopeciaを略したもので、男性型脱毛症とも呼ばれています。

 

遺伝の要素が強く、早い人では10代後半くらいから抜け毛が増えたり髪が細くなったりという症状が見られ、薄毛が進行していきます。
抜け毛が増えるのには、男性ホルモンが影響している事が分かっています。
男性ホルモンであるテストステロンから出されるジヒドロテストステロンがAGAの原因物質であり、これによって発毛が阻害されていると言われています。

 

近年では、育毛剤や育毛シャンプーなど、評判のよい商品も数多く流通しています。
規則正しい生活を心がけたり、十分な睡眠や禁煙など、日ごろから心がけていくことで透け毛の進行を遅らせることも可能です。
また、薬物治療も行われるようになっているため、症状に悩む人は医療機関に相談してみる事がおススメです。

進行するAGA

AGAの特徴として、進行性であるという点があげられます。

 

始まりは、最近ちょっと髪が薄くなってきたかなという感覚を持つ程度です。
髪が薄くなったとか、髪を洗った時に抜け毛が増えたなど、最初は気になる程度だったちょっとした事が、徐々に深刻な悩みとなっていきます。
AGAが発症すると、何らかの対応を取る人が多いものです。
塗るタイプの育毛剤や飲み薬を使ったり、マッサージや育毛シャンプーなどを用いたりとその方法や効果の現れ方は様々ですが、一応にして早い方が良いという事だけは言う事が出来ます。
徐々に進行していくので、進行が進んだ状態から初めて元通りまで回復させようとしても、なかなか難しいものがあるでしょう。
最近薄くなったかなと気がついた時点で早めの対策を採って行くことで、進行を遅らせる事は十分に可能になります。

AGAにはタイプがある

一言にAGAといっても、症状の現れ方には大きく分けて3つのタイプに分けられます。

 

前額面から進行していくタイプと、頭頂部から進行していくタイプ、そして混合型と呼ばれるタイプです。
前額面から進行していくタイプは、髪の生え際がM字型になっていき、頭頂部から進行していくタイプは円形がだんだん広がっていく傾向にあります。
側頭部から後頭部にかけての部分は抜けにくい様です。
髪のヘアサイクルが短くなる事によって、髪が短いうちに抜け落ちる髪が多くなるため、薄い部分は成長しきれない細く短い髪の比率が高くなります。
正常の部分はコシのある太い髪が主流であっても、薄い部分は髪質も細くやわらかいものになっていきます。

⇒ランキングへ戻る


1位
リゾゲイン
2位
M1ミスト
3位
BUBKA
4位
CHAP UP
5位
薬用ポリピュアEX