育毛の仕組みは

育毛の仕組みは

育毛は科学的なアプローチ

脱毛のケアができる育毛というと、途端に信じない方がいます。

抜け続ける髪が生えてくるわけがない、うさんくさいと決めつけている方もいますが、実はこれは科学的な裏付けのあるアプローチなのです。
髪の毛の生えるメカニズムをしっかり理解して、それに沿ったケアをすることで、今の脱毛や薄毛の状態は改善されるのです。

毛髪の仕組みとサイクル

まずは髪の毛の成り立ちからおさらいしましょう。

 

頭皮は顔の皮膚と同じで一枚でつながっていますが、頭皮には毛髪が生えています。
その頭皮の内部には毛根があり、表面には毛幹という部分があります。
毛根のふっくらと丸まった部分を毛球、その中には毛乳頭という頭髪のケアに大きな影響を与える大事な器官があるのです。
丈夫な髪の毛はこの毛乳頭が栄養で満たされて毛母細胞が細胞分裂をすることによって生まれてくるからです。
育毛はまさにこの毛乳頭を元気にして正常な毛髪の生産サイクルを作ることといっても過言ではありません。

 

ところで髪の毛にも寿命があり健康な髪の毛は生まれて抜け落ちていくまで、3年から6年と言われています。
一般的に男性の方が女性よりもこの髪の寿命は短いようですが、普通の方でも一日50本ほどの毛髪が自然に抜け落ちています。
薄毛はこうした毛髪の生まれ変わるサイクル・毛周期がなんらかの原因で乱れたことにより起こるものです。

育毛の仕組み

育毛とは専用の薬液を使ったりマッサージをしてこうした毛周期を正常に引き戻し、ハリとコシのある健康な髪を育てることです。

 

大変高い効果のある製品が発売されていて、ミノキシジルフィナステリドなどが有名です。
ミノキシジルは頭皮の血行を促進して毛乳頭に栄養を与える効果と、薄毛の原因となる男性ホルモンの変換を阻害して薄毛の原因を作らないという高い効果が認められています。
フィナステリドはハゲの原因となる5αリダクターゼの発生を防ぐ働きがあり、脱毛のメカニズムにダイレクトに働いてケアをしてくれます。
こうした心強い成分を使ってケアをすることは薄毛にとってとても有効ですが、育毛で出来ることはそれだけではありません。

 

毎日の生活習慣を改善することも頭髪のケアに欠かせない要素なのです。
睡眠時間を充分とって毛髪を育てる成長ホルモンの分泌を促すことや、タンパク質やミネラルをしっかり取るバランスの良い食事を心がけることも大事です。
有酸素運動や入浴で全身の血行をアップさせる等の生活習慣の改善も、小さなことのようですが大きな効果を生み出す育毛習慣となります。

⇒ランキングへ戻る


1位
リゾゲイン
2位
M1ミスト
3位
BUBKA
4位
CHAP UP
5位
薬用ポリピュアEX